忍者ブログ HOME
:
[45]  [44]  [43]  [42]  [41]  [40]  [39
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

いよいよこの季節がやってきました。

本屋大賞ノミネート作品発表。今回はこの10作品。

■ノミネート作品【作品名五十音順】
『偉大なる、しゅららぼん』万城目学(集英社)
『くちびるに歌を』    中田永一(小学館)
『ジェノサイド』     高野和明(角川書店)
『誰かが足りない』    宮下奈都(双葉社)
『人質の朗読会』     小川洋子(中央公論新社)
『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』
               三上延(アスキーメディアワークス)
『ピエタ』        大島真寿美(ポプラ社)
『舟を編む』       三浦しをん(光文社)
『プリズム』       百田尚樹(幻冬舎)
『ユリゴコロ』      沼田まほかる(双葉社)

今まで、ノミネート作が発表になった時点で既に読んでいた本は2~3作

ということが多かったのですが、今回はなんと!すでに6作読んでいました。

1ヶ月と少しの間に、全て読んで感想を書かないといけないので、正直

ほっとしております。

しかし、私がこの中で投票したのは1作のみ。しかも3番目での投票。

いつものこととは言え、投票した作品の殆どがノミネートを外れる私です。

今回も、もしかしたらまだ読んでない4作の方にこそ、いい作品があるのでは?

と思っています。今回は読書を楽しむ余裕があります。4冊ですし。

しかも、上下巻とか無いですし。分厚い本も少ないですし。

…って、そんなことで計っちゃダメなんですけどね。 

ちなみに、私が1番に投票したのは『みをつくし料理帖 新星ひとつ』でした。

さすがに、シリーズ物の第六弾に入れるのはどうよ?と悩みましたが、

好きなもんは好きなんだからしょうがない。

とにかく、本屋大賞は4/10発表です。みなさんもぜひノミネート作を読んで

予想してくださいw
PR
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最古記事
忍者ブログ [PR]