忍者ブログ HOME
:
[25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第143回の芥川賞と直木賞のノミネート作が発表されました。

芥川賞は純文学に、直木賞は大衆文学にというのが一応の定義。

いつも、芥川賞はまだ本になってないものが選ばれ、直木賞はすでに発売されている

作品であることが多いです。

今回の直木賞候補は

『あの日にかえりたい』 乾ルカ著 実業之日本社
『天地明察』 冲方丁著 角川書店
『小さいおうち』 中島京子著 文藝春秋
『リアル・シンデレラ』 姫野カオルコ著 光文社
『かのこちゃんとマドレーヌ夫人』 万城目学著 筑摩書房
光媒の花』 道尾秀介著 集英社

以上の5作品。

読んだのは2作(『天地明察』 『光媒の花』)だけですが、ここは本屋大賞も受賞した

『天地明察』にがんばってもらいたいところ。

なんと言っても、第1回直木賞受賞者は川口松太郎。今となっては古書をあさらないと

読めない作家さんですが、義理人情のにじみ出る大衆文学が素晴らしい。

この流れでならやっぱり『天地明察』でしょう。

ちょっと怖いのが『小さいおうち』。ツイッターでは大人気のこの作品、版元が文藝春秋。

なんとなく…ですが、文藝春秋刊の作品が受賞することが多い気が(汗)。

まぁ、なんと言っても全国の書店員イチオシの『天地明察』ですから。

これこそ大衆文学でしょう!
PR
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最古記事
忍者ブログ [PR]