忍者ブログ HOME
:
[15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


何かが気になると、その関連の本ばかり追いかけてしまう私です。

しかし、そんな時ほど読書がススムw

いま、自分の中で流行ってる(?)のが、江戸時代の商売人の話。

最初に読んだのがねじめ正一著の『商人(あきんど)』(集英社刊)。

日本橋瀬戸物町の鰹節商、伊勢屋高津伊兵衛の次男(三代目)が主人公。

この伊勢屋、いまもある鰹節屋“にんべん”で、小説ながらも史実にそったお話。

コレを読んで読みたくなったのが荒俣宏著『男に生まれて~江戸鰹節商い始末』

(朝日文庫)。こちらはにんべんの八代目が主人公。これは2冊セットで楽しめます。

『男に~』のあとがきはねじめ正一氏ですし。

で、次に読んだのが『銀二貫』高田郁著・幻冬舎。

こちらは同じ江戸時代でも浪速の商人。舞台は大阪天満の寒天問屋・井川屋。

そこの主人に拾われた少年と、銀二貫の数奇な運命。。。コレも面白かった!

後から気づいたのですが、いま大人気の“みをつくし料理帖”シリーズの著者の作品。

このあとに山本一力著『銭売り賽蔵』(集英社文庫)を読破。

銭売り(両替商みたいなもの)の話なだけに、苦手な数字と単位がいっぱい(汗)。

しかし、深川の人情の厚さに惹かれ…こんどは深川を追ってしまいそう。。

とにかく、江戸の商売人話は、同じ商売人として背筋が伸びる思いに。

“正直でまっとうな、人の役に立つ商売”をしていればうまくいくのがこの世界。

いまの世の中そうもいかない…気もしますが、ここはやっぱり背筋を伸ばして

商売人の道を究めないと。。。ですよね(汗)。精進します。


という訳で、しばらく時代物ブームが続きそうな気もしつつ。。。

ちょっと軽いもんも読みたいかも。
PR
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最古記事
忍者ブログ [PR]