忍者ブログ HOME
:
[17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


もうご存知の方も多いかと思いますが、2010年本屋大賞が決定いたしました。

「おすすめ本」のコーナーで、HPリニューアル後1番にご案内した『天地明察』が

無事(?)大賞となりました。めでたしめでたし。

ちなみに、他の順位はといいますと

1位…冲方丁『天地明察』(角川書店)
2位…夏川草介『神様のカルテ』(小学館)
3位…吉田修一『横道世之介』(毎日新聞社)
4位…三浦しをん『神去なあなあ日常』(徳間書店)
5位…小川洋子『猫を抱いて象と泳ぐ』(文藝春秋)
6位…川上未映子『ヘヴン』(講談社)
7位…藤谷治『船に乗れ!』(ジャイブ)
8位…有川浩『植物図鑑』(角川書店)
9位…東野圭吾『新参者』(講談社)
10位…村上春樹『1Q84』(新潮社)

となっております。

私が投票したのは、1位『天地明察』2位『神様のカルテ』3位『神去なあなあ日常』だったので、

まずまず納得の結果となりました。

村上春樹&東野圭吾の超売れっ子作家が下位を占めるというのも、この賞の面白いところ。

これらの作品が面白くないってことではなく、いまさら本屋大賞いらんでしょう?的な票の

入り方だったんでしょう。だって、この方々の作品は、放っておいても売れるものw

どうせなら、本屋しか知らない面白い本を発掘して知らしめてやるぜ!的な、本屋魂が

本屋大賞を決めるのだと、私はそう思っております。

『天地明察』は昨日からTVでガンガン放送されたせいもあってか、今までの本屋大賞の中でも

受賞後の売れ行きがいちばん早い感じです。

この作品、老若男女に楽しんでもらえる本当にいい物語。ぜひ読んでみて下さい!
PR
<< BOX! HOME 今年の桜総決算。 >>
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
最古記事
忍者ブログ [PR]