忍者ブログ HOME
:
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


明けましておめでとうございます。(もう8日ですが)

本年もダイハン書房ともども、どうぞよろしくお引き立てのほどを。


私事ですが(ひとりごとはいつも私事ですね…汗)、この年末年始は

あまりの寒さに、家の方は超手抜き大掃除となりまして、イマイチ新年を

迎えたような新鮮さが無いという。。まぁ、こんな年もアリかな?とか、

意味不明な納得の仕方をしてみたり。


年明け、それは本屋大賞の第一次ノミネートの締切。1月10日。

8日現在、まだノミネートせず、最後の1冊…と悪あがきをしながら読書中。

年明けから3冊分のゲラ(本になる前の原稿です)を読み、これは面白い!

と思いながらも、未刊の本はもちろん本屋大賞の対象にはならないわけで。

でも、この3本の感想文(?)提出期限が同じ1月10日だったために、

必至で読んで、こちらは無事終了。

ちなみに読んだのは、第23回小説すばる新人賞受賞作の2作品

『国道沿いのファミレス』畑野智美著・2/25発売予定・予価1365円

『たぶらかし』安田依央著・2/5発売予定・予価1365円 と、

第34回すばる文学賞受賞作の

『トロンプイユの星』米田夕歌里著・2/25発売予定・予価1155円

の3作。どれもなかなかの粒揃いでしたが、私が一番好きだったのが

『たぶらかし』安田依央著 です。

主人公のマキは、かつて小劇団で女優をやっていたものの、今は

誰かの依頼で、誰かの代役として世の中に紛れ込むという、特殊な女優を

生業としている。そこで出会う奇妙な仕事に奇妙な依頼人、そして最も

奇妙なのは同僚たち?!

とにかく面白い。グイグイ引きこまれて…終わり方もGOOD!です。

発売をぜひお楽しみに。


そして本屋大賞ですが…大賞の発表は4月。

その前に、おそらく今月中旬ぐらいには、ノミネート候補作10作品が

決定することでしょう。この10作品を、未読の作品を片っ端から読んで、

最終投票しないといけません。毎年の事ながら、読書強制ギブス装着月間

な気分です。

しかし。本屋大賞もゲラも、締切があるからこそ必至になって読めるもの。

テストは一夜漬け、夏休みの宿題も最後の3日勝負だった私には、逆に

ありがたいシステムのような気もします。

でも、今年は特に思いました…本屋大賞のために、もっともっと新刊文芸書を

読んで読めば良かった。。。と。

今年こそは、頑張って読もうと思っております。
PR
今年もあと3日と少し。

12月に入ると少しずつ商品が前倒しで入荷。

特に後半はえらいことになってしまって…ついついHPの更新もおろそかに(汗)

HPもさることながら、ツイッターのつぶやきも…つぶやきというよりうめき声みたいな。

とりあえず、商品の入荷は明日まで。明日から大晦日は売るのみ!!

みなさん、お正月は読書のチャンス!なんならワンピース60巻大人買いもOK!

(もちろん、全巻バッチリ揃ってますよ~!)

ご来店お待ちしております。


個人的なことをつぶやくと…今年は現在読書80冊をクリア。

毎年、本当は100冊ぐらい読みたいけれど、最低80冊は読む!という目標設定して

おりまして、今年はなんとかクリアです。(コミック・雑誌は含みません)

今年Happyだったのは

3位 本の雑誌WEBの書評依頼(1年間)をいただいたこと。

2位 作家・高田郁さんから、お葉書とクリスマスカードをいただいたこと。

1位 大好きな中山可穂さんのエッセイに登場させてもらったこと。

でしょうか。いや~幸せです。

もちろん辛いことも山ほど…これは書きませんけど。

2011年も、いい本に囲まれていい年にしたいと思っております。


お店ですが…お正月は元旦のみお休み。2日から営業となります。

2・3日は10時から21時まで、4日は9時から23時、

5日から平常どおりの営業となります。ご来店お待ちしております!


いま、11月末に集英社から発売される『南海の翼 長宗我部元親正伝』

(天野 純希・著)のゲラ(校正用の原稿)を読んでいるのですが…面白いですw

戦国武将の中で、一番好きかもしれない長宗我部元親。

好きになったきっかけは、司馬遼太郎著『夏草の賦』。

日本史がからっきしダメな私に、日本史の魅力を教えてくれた本でもあります。

なので、日本史に興味はあるけれど、何から手を付けたらいいのか分からん!

と言う方に、いつも『夏草の賦』をオススメしています。

私の中の長宗我部元親像は『夏草の賦』で出来上がったものですが、そのイメージを

壊されること無く、グイグイ引きこまれております。

意外と多いと聞く長宗我部ファンの皆様。11月末発売予定のこの本、

どうぞご期待下さいw
最近、本屋はカバン屋になりつつある。

たぶん、本屋さんなら…本屋によく足を運ぶ人になら、分かってもらえるでしょう。

女性誌の付録にカバン・カバン・カバン。

ブランドのムックにカバン・カバン・カバン。

通勤電車の中で、付録のカバンを見ない日がありません。

そして、月刊誌じゃなくて、それ専門に発売される(本とカバンがセットになっている)本が

売場をどんどん侵食していて…雑誌を置く場所が足りません(泣)

なので、みなさんぜひ早く買いに来てやってください。在庫が減るように。

でないと、カバン屋さんになってしまいそうです(泣)

…泣き落とし?
本屋のくせに、火曜日に出たマンガを買い損ねて帰り、昨日休みだったのでやっと

今日そのマンガを手に取りました。

…そこには「最終巻!」の文字が。。。なんで??

そのマンガの名は『かぶく者』。あの、蒼井優ちゃんも大ファンだという歌舞伎マンガ。

1冊読むたびに「つ、続きをはやく…」と唸っていたこのマンガがもう終わるなんて!

ひとつ前の7巻を読む限りでは、果てしなく続きそうだったのに。。。なんでや!(泣)

売れてへんかったんやろか。。うぅ。。シーズン2とか…無いかな?
<< 前のページ 次のページ >>
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
最古記事
忍者ブログ [PR]